上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


投資信託を知れ!不労所得を得よ!
ムスカは、老後が心配である。





○年金だけでは足りない?○

 

 総務省の調査でによれば、老後の最低必要となる生活費は月額25.3万円です。これは最低限のラインですので、少しでもゆとりある生活をしたい場合は、これに月額10万円以上を上乗せした37.9万円となります。


 これに対して収入はどうかというと、1世帯当りの平均所得は24.7万円(年間296万円)で、なんとか収支トントンで生活できるように思えます。

 しかし、調査結果をよく見ると、公的年金でまかなえるのは月額にして17万円(年額206万円)のみですから、最低ラインの生活に対して不足額は月に7万円になります。


 ゆとりある生活のためにはさらに13万円も足りません。この不足分を何で補っているかというと、約5万円は稼動所得。


 つまり老後も働かなくては最低ラインの生活もままならないという事実が浮かびあがってきます。最後には貯蓄の取り崩しや、個人年金などにに頼って生きていくとになります。




○若い世代は年金の将来を知らない?○


 20代、30代の順に老後の心配度が高い。とはいえ、50代、60代以降の人が心配でないというわけではありません。


 老後の生活でもっとも心配な理由のトップが「十分な貯蓄がない」、次に多いのが「年金や保険が十分でない」となっており、約7割の人が老後の財源の不足を上げています。


 逆に20代、30代では約5割の人が公的年金の将来の受給額を知らないということです。若い世代の不安の原因は、自分の老後がまだまだ先だから正確な年金受給額を知らないから、ということでしょうか。



○将来の年金は当てにならない?○ 


 今の延長で老後を迎えたとしても、その時の年金がいくらもらえるかわからない、あるいはその額が当てにならないと考えざるをえないと現状です。

 特に男性で現在40代半ば(昭和36年以降生まれ)、女性で40歳前後(昭和41年以降生まれ)より下の人たちは65歳にならなければ年金がもらえないことがすでに決まっています。


 調査で、若い世代ほど老後が「非常に心配」というのは、こうした先が見えない不安なのでしょう。

 一方、これから定年を迎える50代以降の人たちの不安は、かなり現実的な不安です。


 自分がもらえる年金受給額は、すでにほとんどの人が知っており、かつ自分の貯蓄や保険額を把握した上で、大半の人が老後が不安でたまらないのです。その理由は、公的年金だけでは、明らかに収入が足りないからです。




スポンサーサイト
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
リンク
私が使用しているネット証券です。
オススメ教材
株式の歴史を勉強するならコレ!!
プロフィール

お助けブロガー

Author:お助けブロガー
はじめまして。

古川拓哉と申します。

私は、追手門学院で株式のゼミを専攻しています。

株式ではありませんが、投資信託を運用しています。

今後の活動については、就活をする予定はありません。

私の経験・知識を生かし現在ネットワークビジネスを展開中です。

半日、パソコンで作業している日々が続いています。

社会人的にも恥ずかしくないように、努力していき、成果を上げたいと考えています。

同じようにネットワークビジネスを考えている方、投資信託ってなに?って方は、私の知識の範囲でお答えします。

お互いに情報交換など出来たら光栄です。





私は、投資信託によってコツコツ貯金を貯めています。




初めは、株式投資も考えてたのですが、元手が結構かさむので少ない金額から始められる投資信託を始めることにしました。




まだ始めて3年ほどです。




ですが20万から始めたのですが、現在60万ほどまで増えています。




のんびりやれてお金貯まるので楽しいです。




自分自身投資の知識・実績もついたのでブログを立ち上げました。




今では、毎日ニュースみたり為替相場なども気にしながら見るようになりました。(°∀°)b




一緒にチャートの波に乗りましょう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。