上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



投資信託を知れ!不労所得を得よ!

「3分待ってやる、さぁー読みたまえ」




 株式や債券などで運用する投資信託。でも、投資信託って預金や株式・債券とどこが違うのでしょうか?



====ここは読んでおきたまえ====

 投資信託と預金との大きな違いは、預金が元本保証であるのに対し投資信託は元本の保証がないという点、投資信託と株式・債券との大きな違いは、


 投資信託では組み入れる銘柄の投資の判断を専門家にお任せできるのに対し、株式・債券では投資する銘柄をみなさん自身で判断しなければならないという点です。


 投資信託は、株式や債券などで運用する金融商品ですが、運用・管理・リスク負担という点で、銀行に預けたり、株式や債券に直接投資するのとは大きく異なります。


ーーーーーーーーここまでーーーーーーーーーーー

【銀行預金との違いは?】

 預金や投資信託になったお金ってどうなるの?



銀行はみなさんのお金を「預金」という形で集めて、そのお金を必要としている会社に貸し出します。

 

 一方、運用会社はみなさんから投資信託という形でお金を集めて、株式や債券などに投資することによってその株式や債券を出している会社にお金を供給します。

 

 銀行も運用会社も、みなさんのお金を必要な人(会社)に結びつける仲介者の役割を果たす点では共通しています。


 ところが、銀行預金の場合は、会社に貸し出したことによって得た利息は銀行の収入となり、みなさんはその中から一定の利息を受取るだけなのに対し、投資信託では、運用会社はその投資信託の運用を任され、そしてその運用の手数料を受取るだけに過ぎず、投資による収益はすべてみなさんのものになることに大きな違いがあります。

 そのため、投資信託では投資の損失(資金を出資した会社が倒産。株券が紙切れになった!など)は直接、みなさんが負担することになります。投資によって大きな利益を得ることもできますが、逆に、投資による損失もお金を出したみなさんの負担となり、場合によっては大きな損をすることもあるのです。

 これに対し銀行預金では、企業への貸付の損失(お金を貸した会社が倒産して貸したお金を返してもらえない!など)は銀行が負います。預金者であるみなさんは元本と一定の利息の支払いを銀行から保証されているからです。もっとも、それ以上の収益は銀行のものとなり、みなさんがもらうことはできません。




【株式や債券との違いは?】

株式ってなに?


 株式を買うということは、その会社の出資者である「株主」の一人になることです。会社の収益が増え、支払われる配当が増えると、利益を株主に分配する良い会社ということになりますから、株式の価値、つまり株価は上昇します。


 そうなれば、買った時より高い価格で株式を売ることができます。逆にその会社の業績が落ちて株価が下がれば、ただの紙切れになる確率や、出したお金が全額戻ってこない確率が高まります。


 このようにリスクは高いものの、長期的に債券や不動産などよりも収益性の高い投資手段、それが株式なのです。もっとも、株式を購入する目的はその人によってさまざまです。最近では、配当の支払いを見込んで、買う投資家が多いようです。



私が好きな債券である↓↓↓

読んでおいて損は、ないだろう


債券ってなに?
 

 私たちは、まとまったお金が必要なときは銀行に行ってお金を借ります。 通常はローン契約、つまり利息を毎月支払うのと同時に、元本の一部も毎月返済し、何年後かには借入金を全て返済します。


 では、政府や会社の場合はどうでしょうか。


 政府や会社のように返済力がある場合、銀行から借りるよりも利息が安くて済む方法があります。それが「債券」を発行することです。


 債券を発行して直接みなさんに買ってもらえば銀行に支払う利息を節約できるわけです。債券を発行するということは、みなさんが政府や会社にお金の貸出しを直接行なうということになります。


  同じ借金でも、債券の返済方法はローンとは違います。 政府や会社は、利息として毎年一定額の現金の支払い(クーポンといいます。毎年2%や5%など)を一定期間行なうことを約束します。


 その期間が終わったときには借りたお金である元本(額面)をまとめて返済します。 多くの債券は市場で売られたり買われたりしていますので、値段は常に変わります。


 ただ債券投資は利子や満期日に元本が戻ってくることが約束されているため、株式より値動きは安定しています。また、収益は市場の金利に連動するため、一般に長期で見れば株式ほど高い収益は得られません。


 

○株式・債権○

 株式、債券はそれぞれに特徴があり、株式に投資する投資信託は株式の特徴を、債券に投資する投資信託は債券の特徴を持つことになります。


 また、投資信託のなかには、株式や債券を組み合わせる投資信託もあります。このような場合、株式と債券の両方の特徴をあわせ持った商品といえるでしょう。

 


○投資信託と株式のもっとも大きな違い○

 

 さて、投資信託と株式・債券との最も大きな違いですが、株式や債券を出している会社、つまりお金を実際に必要としている相手をみなさんがよく知っている必要があるかどうかにあります。

 株式と債券は株式や債券を発行する会社によってその危険性(きちんと全額返ってくるかどうか)が大きく変わります。


 みなさんが個人で株式や債券を買ったりするには、その会社の財務体質、成長性など、いろいろな調査や判断が必要になります。そして、その一方でどの株式や債券に投資したらよいかをプロがかわりに判断し、選択してくれるのが投資信託なのです。

 また、投資信託は1万円前後からの投資が可能ですが、株式や債券は数十~数百万円の資金が必要となる点も異なります。さまざまな資産や銘柄に分散させてリスクの低下を図ろうとするとさらにその金額は膨大です。

 投資信託は、株式や債券と同様、元本が保証されているわけではありませんが、株式や債券と違って、証券を直接売買するわけではないため、売り・買いのタイミングや企業の財務状況などを把握する手間が省けるのです(もちろん投資信託自体の選択はみなさんの決断が重要ですが・・・)。









モーニンスターさんから引用







モーニングスターさんから引用






スポンサーサイト
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
リンク
私が使用しているネット証券です。
オススメ教材
株式の歴史を勉強するならコレ!!
プロフィール

お助けブロガー

Author:お助けブロガー
はじめまして。

古川拓哉と申します。

私は、追手門学院で株式のゼミを専攻しています。

株式ではありませんが、投資信託を運用しています。

今後の活動については、就活をする予定はありません。

私の経験・知識を生かし現在ネットワークビジネスを展開中です。

半日、パソコンで作業している日々が続いています。

社会人的にも恥ずかしくないように、努力していき、成果を上げたいと考えています。

同じようにネットワークビジネスを考えている方、投資信託ってなに?って方は、私の知識の範囲でお答えします。

お互いに情報交換など出来たら光栄です。





私は、投資信託によってコツコツ貯金を貯めています。




初めは、株式投資も考えてたのですが、元手が結構かさむので少ない金額から始められる投資信託を始めることにしました。




まだ始めて3年ほどです。




ですが20万から始めたのですが、現在60万ほどまで増えています。




のんびりやれてお金貯まるので楽しいです。




自分自身投資の知識・実績もついたのでブログを立ち上げました。




今では、毎日ニュースみたり為替相場なども気にしながら見るようになりました。(°∀°)b




一緒にチャートの波に乗りましょう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。