スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資信託の分配金とは?

 「分配金」の出る投資信託が注目されています。


でも、「分配金」ってなんでしょうか?いつも決まった金額をもらえるものなのでしょうか?


分配金のおおもとは、「配当・利子収入」と「売買益」です。その金額は、一定ではありません。分配金の支払いには、投資信託によっていくつかのタイプがあります。


 投資信託の分配金のおおもとはいったい何でしょうか?銀行預金のように必ず出るものなのでしょうか?


投資信託には分配金(正確には「収益分配金」といいます)を出す投資信託(分配型)と出さない投資信託(無分配型)があります。


ただ、分配金を出さない投資信託が損!というわけではありません。

 投資信託はみなさんから集めたお金をまとめて、株式や債券などに投資しています。そしてその株式からは「配当金」、債券からは「利子収入」が入ります。


 また、株式や債券を売り買いすることで「売買益」も出ます。この「配当・利子収入」と「売買益」の2つの収益が分配金のおおもとになります。もっとも、分配金を出さない投資信託(無分配型)は、その収益分を基準価額のなかに蓄積していることになります。


 なお無分配型投資信託は、3年や4年といった運用期間の短い「単位型」の投資信託に多くなっています。


また、「配当・利子収入」や「売買益」などは、株価や為替などの影響を受けるため、その時の状況に応じて、分配金の金額が前回よりも下落したり、出ないこともあるので注意が必要です。



さて、分配金のもらい方には2つのタイプがあります。

(2) 収益分配はするが、その分配金を自動的に同じ投資信託に再投資していく「分配金再投資型」の投資信託

 1つの投資信託で、「分配金支払型」と「分配金再投資型」の2つのコースがあって、みなさんで選択できるようになっている投資信託も数多くあります。


 「分配金再投資コース(=自動けいぞく投資コース)」を申し込んだ場合は、分配金から税金などを差し引いた後、決算日の基準価額で再投資されることになります。この場合は販売手数料がかかりません。











モーニングスターさんから引用






(1) 毎年・毎月または数カ月ごとに収益分配を行う「分配金支払型」の投資信託


スポンサーサイト

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
リンク
私が使用しているネット証券です。
オススメ教材
株式の歴史を勉強するならコレ!!
プロフィール

お助けブロガー

Author:お助けブロガー
はじめまして。

古川拓哉と申します。

私は、追手門学院で株式のゼミを専攻しています。

株式ではありませんが、投資信託を運用しています。

今後の活動については、就活をする予定はありません。

私の経験・知識を生かし現在ネットワークビジネスを展開中です。

半日、パソコンで作業している日々が続いています。

社会人的にも恥ずかしくないように、努力していき、成果を上げたいと考えています。

同じようにネットワークビジネスを考えている方、投資信託ってなに?って方は、私の知識の範囲でお答えします。

お互いに情報交換など出来たら光栄です。





私は、投資信託によってコツコツ貯金を貯めています。




初めは、株式投資も考えてたのですが、元手が結構かさむので少ない金額から始められる投資信託を始めることにしました。




まだ始めて3年ほどです。




ですが20万から始めたのですが、現在60万ほどまで増えています。




のんびりやれてお金貯まるので楽しいです。




自分自身投資の知識・実績もついたのでブログを立ち上げました。




今では、毎日ニュースみたり為替相場なども気にしながら見るようになりました。(°∀°)b




一緒にチャートの波に乗りましょう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。