スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チューリップバブル


投資信託を知れ!老後の年金では心配?
「やーみんな!

少しは、市場の歴史についても知っておいても損はないよ音譜



チューリップバブルとは?

 チーリップバブルは、詳細な記録が残っている中で、人類歴史上最も劇的な価格暴騰、暴落を演じたバブルです。
17世紀オランダでは、富の象徴としてチューリップ栽培が人気を集めていました。


 きっかけ


○欧州では三十年戦争の混乱が続く一方、オランダでは貿易が活発になり、国が豊かになりつつありました。


○経済の活性化に伴って、株価や住宅価格が上昇しました。生活が豊かになるにつれ、チューリップを花壇に植えることが流行しました


○球根は、もともとは農家とチューリップ愛好家が取引していました。球根価格が上昇し始めると投機家が参加し始めました。投機家とは、投資商品の価値には興味がなく、値上がりによる転売目的で取引に参加すること投資家を意味します。


 

 問題点


○二流品、三流品と呼ばれた価値のない球根が、バブル絶頂期に価格が高騰しました。無価値品の価格高騰は、他のバブルでも頻繁に見られます


○球根は、誰も正当化できない価格に上昇しました。しかし投機家は、球根価格がどんなに高くても、より高く買ってくれる人に転売すれば良いと考えました。価格がいくら高くても問題になりないという、異常な状態でした。


○球根を転売しようとすると、もっと高く買ってくれる新たな参加者が必要になります。新たな参加者を惹き付けるために、球根取引で大金持ちになったとのうわさや、まだブームは続くとのうわさが流れました。根拠のないうわさが流れるのも、バブルの頂点で頻繁に現れる兆候です。



 崩壊


○常識では説明の付かないまでに高騰した球根は、次第に買い手がいなくなるのでは、という不安が市場全体に広がり始めました。



 バブルの影響


○これだけ激しいバブル崩壊にもかかわらず、経済への影響は、他のバブルと比較して軽いものでした。もちろん暴落から逃げ遅れた投機家は破産しました。しかし大商人は早期に市場から手を引いていたため痛手を受けておらず、経済の混乱は避けられました。


要するに、上がったら下がるんですよ!


流行りものは高騰する。


よって気よつける必要があるんだね。







みんかぶマガジンさんより引用


スポンサーサイト

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
リンク
私が使用しているネット証券です。
オススメ教材
株式の歴史を勉強するならコレ!!
プロフィール

お助けブロガー

Author:お助けブロガー
はじめまして。

古川拓哉と申します。

私は、追手門学院で株式のゼミを専攻しています。

株式ではありませんが、投資信託を運用しています。

今後の活動については、就活をする予定はありません。

私の経験・知識を生かし現在ネットワークビジネスを展開中です。

半日、パソコンで作業している日々が続いています。

社会人的にも恥ずかしくないように、努力していき、成果を上げたいと考えています。

同じようにネットワークビジネスを考えている方、投資信託ってなに?って方は、私の知識の範囲でお答えします。

お互いに情報交換など出来たら光栄です。





私は、投資信託によってコツコツ貯金を貯めています。




初めは、株式投資も考えてたのですが、元手が結構かさむので少ない金額から始められる投資信託を始めることにしました。




まだ始めて3年ほどです。




ですが20万から始めたのですが、現在60万ほどまで増えています。




のんびりやれてお金貯まるので楽しいです。




自分自身投資の知識・実績もついたのでブログを立ち上げました。




今では、毎日ニュースみたり為替相場なども気にしながら見るようになりました。(°∀°)b




一緒にチャートの波に乗りましょう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。