スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新興国バブル


投資信託を知れ!老後の年金では心配?

Mrポテトヘッド「やっと私の出番だな


名前がポテトヘッドなのに出番が少ないよね・・・・」




○新興国への熱狂○


 つい最近でも中国株式やインド株式など、新興国の株価は急上昇した後、現在は大暴落しています。このように、新興国バブルは歴史上何度も発生しています。「成長著しい国」という言葉は、いつの時代にも投資家をひきつけるのでしょう。1820年代にイギリスで起きた南米諸国への熱狂的な投資とその崩壊を例に、新興国投資に潜むリスクを考えて行きます



○きっかけ○

① 南米諸国のスペインからの独立

 1820年代の南米諸国はスペインからの独立をかけて戦い、独立を勝ち取りました。独立を支援したイギリスでは、南アフリカ諸国は終わりのない発展が続くとの期待が高まりました。


② うわさ

 南アフリカには雨が降ると金塊が見つかるほど優れた鉱山がいくつもあり、イギリスの最新技術によって効率的に採取できるとのうわさが流れました。世界最高の技術を持つと自負するイギリス国民にとって、このうわさは疑うべき必要のない内容でした。




○崩壊○

① 国債の価格急落、債務不履行

 南米諸国の国債では、集めた資金のほとんどは、以後の利払いに充てられていました。独立間もない南米諸国にとって、借金を返せる能力など全くないことが投資家に次第に明らかになり、国債価格は急落しました。


② 南米鉱山の実態が明らかに

 1826年、南アメリカ鉱山の詳細な調査結果が発表されました。南米鉱山の状況は非常に悪く、イギリスの技術は全く役に立たないというショッキングな内容でした。その結果、株式市場はパニックとなり、この年は上場企業の100社以上が倒産しました。


③ 深刻な経済危機

 南米国債発行が大規模で、株式や債券での信用取引の規模が拡大していたため、バブル崩壊が金融不安に発展し、紙幣の信用が失われて経済が停滞しました。1826年には倒産件数が前年の3倍になり、全国で労働争議が発生しました。





○教訓○

 新興国への投資ブームが拡大した背景には、「この投資は、南米諸国にスペインからの自由をもたらす」という大義名分がありました。スペインへの敵対意識の強いイギリス国民にとって、この大義名分は投資判断を歪ませるのに充分でした。また、うわさが広がった背景には、遠い南米の経済事情が分からなかったということもあるでしょう。

 新興国投資には、成長著しい国への投資というムードで判断するのではなく、投資国の経済状況を見極めた冷静な投資判断が必要です。正確な情報が得られない場合は、投資しないという判断も必要です。

 新興企業の「新しい技術」や、新興国の「成長著しい市場」は共に、投資家にとって最も魅力的な言葉に聞こえます。とりわけ新たに投資を始める方には、疑いようのない魅力的な投資テーマでしょう。今回紹介した以後も何度となく新興企業投資ブームや、新興国投資ブームが起き、その度にバブルが崩壊しています。こういった魅力的な投資テーマの裏には、大きなリスクが潜んでいることを忘れてはなりません。




[教訓]
☆だれもが魅力的と感じるテーマは、バブルを起こしやすい








みんかぶマガジンさんから引用





① 南米諸国の国債発行

 南米諸国の国債が大人気となりました。これらは最初の払い込みが10%で良く、小額からの投資が可能であり、人気が上昇して国債価格が上がったため、多くの人が大きな利益を得ました。国債で儲ける人が増えるたび、国債の人気は過熱して行きました。


② 鉱山株と南米への輸出が過熱

 鉱山株は大人気となりましたが、次第に南米関連の事業を行なう企業の株が上昇し始めました。次第に多くの企業が南米事業を手掛け始め、湯たんぽやスケート靴など、およそ熱帯の南米諸国に不必要な品々が、輸出される事態となりました。いかにイギリスの投資家が、南米の事情を知らずに投資していたかが良くわかります。


スポンサーサイト

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
リンク
私が使用しているネット証券です。
オススメ教材
株式の歴史を勉強するならコレ!!
プロフィール

お助けブロガー

Author:お助けブロガー
はじめまして。

古川拓哉と申します。

私は、追手門学院で株式のゼミを専攻しています。

株式ではありませんが、投資信託を運用しています。

今後の活動については、就活をする予定はありません。

私の経験・知識を生かし現在ネットワークビジネスを展開中です。

半日、パソコンで作業している日々が続いています。

社会人的にも恥ずかしくないように、努力していき、成果を上げたいと考えています。

同じようにネットワークビジネスを考えている方、投資信託ってなに?って方は、私の知識の範囲でお答えします。

お互いに情報交換など出来たら光栄です。





私は、投資信託によってコツコツ貯金を貯めています。




初めは、株式投資も考えてたのですが、元手が結構かさむので少ない金額から始められる投資信託を始めることにしました。




まだ始めて3年ほどです。




ですが20万から始めたのですが、現在60万ほどまで増えています。




のんびりやれてお金貯まるので楽しいです。




自分自身投資の知識・実績もついたのでブログを立ち上げました。




今では、毎日ニュースみたり為替相場なども気にしながら見るようになりました。(°∀°)b




一緒にチャートの波に乗りましょう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。