スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バブル崩壊後の経済

 
投資信託を知れ!老後の年金では心配?
リトルグリーメン「うー
バブル崩壊したらどうなるの?」


今回はサブプライム問題の時の記事です。


 過去のバブル崩壊後の経済への影響を見ると、短期間に景気回復した場合と、崩壊後の不景気が長期にわたった場合があります。その違いはどこから来るのでしょうか。また、サブプライムローン問題から始まる世界的な株価大暴落は、今後どれくらいの影響を経済に及ぼすのでしょうか。



過去のバブル


○チューリップバブル


○新興国企業バブル


○新興国バブル


○南海社会バブル


○大恐慌バブル


○東京バブル


○ITバブル


○サブプライムバブル


 大恐慌と東京バブルは深刻な経済低迷を引き起こし、景気回復までに長期間が必要でした。一方、チューリップバブルや南海会社バブル、ITバブルなどは他のバブルと比較して深刻な経済危機は起こらず、比較的早期に景気が回復しています。
 

 この違いは、不動産価格の下落と、バブル崩壊による被害者の数が、最も大きな要因になっています。
 

 不動産価格が下落すると、住宅を保有する一般市民が含み損を抱えます。含み損を抱えた人達は、投資や消費に消極的になり、景気がさらに減速してしまいます。これは、東京株式バブル崩壊後、日本経済が長期にわたって悩まされた問題です。

 

 被害者の数は、バブルへの参加者の多さによって決まります。チューリップバブルは、ごく一部の投機家が熱狂的に参加しました。バブル崩壊後は逃げ送れた投機家は破産しましたが、商人や一般市民はほとんど影響を受けませんでした。


 一方、大恐慌の際は2百万人が投機に参加したとも伝えられ、参加者は広く一般市民に広がっていました。バブル崩壊の影響を、広く一般市民が受けると、早期の景気回復は望めない傾向になります。

 

 銀行の破綻も、その後の景気に深刻な影響を及ぼします。投機資金の供与や銀行自身が投機に走っている場合などは、バブル崩壊とともに銀行が相次いで破綻します。経済の根幹をなす金融システムが破壊されてしまうと、長期間不況が続いてしまいます。



この後どうなる?

 サブプライム問題から発生した株式大暴落は、大恐慌や東京株式のように不況が長期化するパターンであることが分かります。
 

 米国の住宅価格の下落は経済に深刻な影響を及ぼしつつあります。米国住宅ローン残高は2007年6月時点で1300兆円を超え、日本の住宅ローン残高の7倍以上あります。


 住宅価格の下落により、巨額の不良債権処理が長期にわたって続く可能性があります。米国では住宅の値上がりを見込んだ消費が冷え込んでおり、一般市民の買い控えは長期にわたることが懸念されています。
 

 また、サブプライムローンは世界中にばら撒かれ、世界中の株価が暴落しています。世界中で多くの人々が損失を抱えています。投資銀行はすでに消滅し、商業銀行も不良債権が増加の一途であり、破綻に向けて予断を許さない状況にあります。企業の破綻も増えており、失業率も上昇しています。
 

 以上を考慮すると、大暴落による不況は長期に及ぶことを覚悟したほうが良いでしょう。ただし景気サイクルは必ず循環します。「終わりのない不況」、「二度と復活しない株式市場」などという記事が新聞や雑誌に掲載されるようになったら、景気回復、株価反転のサインかもしれません。


 また、今回の株式暴落の際は、日本では直前まで株式高騰による熱狂が起きていた訳ではありません。株式投資に参加していなかった方々から見れば、現在の株式相場は長期的な投資チャンスと写ります。
 

 新たな参加者が株式市場に入ってくれば、株価反転のきっかけになるかもしれません。







みんかぶマガジンさんから引用



スポンサーサイト

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
リンク
私が使用しているネット証券です。
オススメ教材
株式の歴史を勉強するならコレ!!
プロフィール

お助けブロガー

Author:お助けブロガー
はじめまして。

古川拓哉と申します。

私は、追手門学院で株式のゼミを専攻しています。

株式ではありませんが、投資信託を運用しています。

今後の活動については、就活をする予定はありません。

私の経験・知識を生かし現在ネットワークビジネスを展開中です。

半日、パソコンで作業している日々が続いています。

社会人的にも恥ずかしくないように、努力していき、成果を上げたいと考えています。

同じようにネットワークビジネスを考えている方、投資信託ってなに?って方は、私の知識の範囲でお答えします。

お互いに情報交換など出来たら光栄です。





私は、投資信託によってコツコツ貯金を貯めています。




初めは、株式投資も考えてたのですが、元手が結構かさむので少ない金額から始められる投資信託を始めることにしました。




まだ始めて3年ほどです。




ですが20万から始めたのですが、現在60万ほどまで増えています。




のんびりやれてお金貯まるので楽しいです。




自分自身投資の知識・実績もついたのでブログを立ち上げました。




今では、毎日ニュースみたり為替相場なども気にしながら見るようになりました。(°∀°)b




一緒にチャートの波に乗りましょう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。