スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オイルショック



投資信託を知れ!老後の年金では心配?


ムスカ「オイルショックだと・・・・・


ラピュタは、飛行石で動いているのだよ!!



○第一次オイルショック(第一次石油危機)






  ○発生○


 1973年 10月6日 第四次中東戦争 が勃発。これを受け10月16日 に、石油輸出国機構 (OPEC) 加盟産油国のうちペルシア湾 岸の6ヶ国が、原油公示価格を1バレル3.01ドルから5.12ドルへ70%引き上げることを発表した。


 翌日10月17日 には、アラブ石油輸出国機構 (OAPEC)が、原油生産の段階的削減を決定した。またアラブ石油輸出国機構(OAPEC)諸国は10月20日 以降、イスラエル が占領地から撤退するまでイスラエル支持国(アメリカ合衆国 オランダ など)への経済制裁 (石油禁輸)を相次いで決定した。


 さらに12月23日 には、石油輸出国機構(OPEC)に加盟のペルシア湾 岸の産油6ヶ国が、1974年 1月 より原油価格 を5.12ドルから11.65ドルへ引き上げる、と決定した。




○日本の対策○


 当時の日本 は中東の政治に深く関わってはおらず、イスラエルを直接支援したこともなく、中立の立場であった。しかし、最大のイスラエル支援国家であるアメリカ合衆国 と強固な同盟 を結んでいた。


 それにより、イスラエル支援国家とみなされる可能性が高く、急遽三木武夫 副総理 を中東諸国に派遣して日本の立場を説明して支援国家リストから外すように交渉する一方で、国民生活安定緊急措置法 石油需給適正化法 を制定して事態の深刻化に対応した。



 さらに石油価格の上昇は、エネルギーを中東の石油に依存してきた先進工業国 の経済を脅かした。日本でも、ニクソン・ショック から立ち直りかけていた景気を直撃。


 前年からの列島改造ブーム による地価急騰で急速なインフレーション が発生していたが、オイルショックにより相次いだ便乗値上げなどにより、さらにインフレーションが加速されることとなった。


 日本の消費者物価指数 1974年 (昭和49年)は23%上昇し、「狂乱物価 」という造語まで生まれた。インフレーション抑制のために公定歩合の引き上げが行われ、企業の設備投資などを抑制する政策がとられた。結果、1974年(昭和49年)は-1.2%という戦後初めてのマイナス成長を経験し、高度経済成長 がここに終焉を迎えた




 ○日本への影響○


 トイレットペーパー 洗剤 など、原油価格と直接関係のない物資の買占め騒動 トイレットペーパー騒動 ・洗剤パニック)、デパート エスカレータ の運転中止などの社会現象も発生した。


 競争力を失った「構造不況業種」を縮小させ、成長分野に資源を振り向ける「積極的調整政策」。素材産業の不振、加工組立産業の成長。


 雇用調整(新規採用の停止、残業時間の短縮など





要するに、石油の価格を上げられて


日本では、今のうちに石油に関係するもの(トイレットペーパーなど)


を買い占める行為が目立った。







参考文献WIKI

スポンサーサイト

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
リンク
私が使用しているネット証券です。
オススメ教材
株式の歴史を勉強するならコレ!!
プロフィール

お助けブロガー

Author:お助けブロガー
はじめまして。

古川拓哉と申します。

私は、追手門学院で株式のゼミを専攻しています。

株式ではありませんが、投資信託を運用しています。

今後の活動については、就活をする予定はありません。

私の経験・知識を生かし現在ネットワークビジネスを展開中です。

半日、パソコンで作業している日々が続いています。

社会人的にも恥ずかしくないように、努力していき、成果を上げたいと考えています。

同じようにネットワークビジネスを考えている方、投資信託ってなに?って方は、私の知識の範囲でお答えします。

お互いに情報交換など出来たら光栄です。





私は、投資信託によってコツコツ貯金を貯めています。




初めは、株式投資も考えてたのですが、元手が結構かさむので少ない金額から始められる投資信託を始めることにしました。




まだ始めて3年ほどです。




ですが20万から始めたのですが、現在60万ほどまで増えています。




のんびりやれてお金貯まるので楽しいです。




自分自身投資の知識・実績もついたのでブログを立ち上げました。




今では、毎日ニュースみたり為替相場なども気にしながら見るようになりました。(°∀°)b




一緒にチャートの波に乗りましょう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。