スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二次オイルショック

第二次オイルショック

1979年イラン革命 により、イラン での石油生産が中断したため、イランから大量の原油を購入していた日本は需給が逼迫した。


また、1978年 末にOPEC が「翌1979年より原油価格を4段階に分けて計14.5%値上げする」ことを決定し、原油価格 が上昇。第一次オイルショック並に原油価格が高騰した。


しかし、第一次での学習効果、省エネルギー 政策の浸透(深夜のテレビ番組放送の自粛や、第一次同様のガソリンスタンド の日曜祝日休業などが行われた)、企業の合理化効果などにより、日本経済に対する影響は第一次オイルショックほど酷いものにはならなかった。

また第一次の頃ほど値上げは長引かず、イランも石油販売を再開し、数年後には価格下落に転じて危機を免れた。一方でこれとは別の要因として米国のインフレの亢進と長期金利の高騰にともなう金融市場の混乱が深刻さを増しており、オイルショックを端緒とした不況は米国経済の復調をまつ1983年ころまで長引いた。


オイルショックの与えた影響

先進国の経済が中東 の石油に極端に依存していることが明白となった。中東以外での新しい油田開発、調査が積極的に行われるようになった。


原子力風力太陽光 など非石油エネルギーの活用の模索、また省エネルギー技術の研究開発への促進の契機ともなった。石油の備蓄 体制を強化することも行われた。


また、モータリゼーション の進展により自動車 の燃料消費が石油消費に高比率を占めていたことから、鉄道 を始めとする公共交通機関 を再評価する動きが出た。

フランスジスカール・デスタン 大統領の発案により、1975年 に第一次オイルショック以降の経済の回復を主たる議題とした第1回先進6ヶ国首脳会議(サミット )がフランスのランブイエ城 で開催された。


インフレーション 傾向を強めていた先進国経済は、オイルショックによりスタグフレーション に突入。1971年ニクソン・ショック と合わさり、戦後世界経済の成長体制は破壊された。


工業化による投資で対外債務を膨張させていた南米やアフリカなどの開発途上国は石油輸入コストの急上昇で債務返済を遅延することとなり、国際金融問題となった。


石油輸出国は、経済制裁及び輸出価格の急騰により政治・経済両面でのパワーを持つこととなった。輸出対価として得たドル(オイルダラー )は世界金融市場の中で存在感を強めた。湾岸諸国は莫大な歳出が可能となり、福祉の充実を達成した。







引用WIKIさん

スポンサーサイト

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
リンク
私が使用しているネット証券です。
オススメ教材
株式の歴史を勉強するならコレ!!
プロフィール

お助けブロガー

Author:お助けブロガー
はじめまして。

古川拓哉と申します。

私は、追手門学院で株式のゼミを専攻しています。

株式ではありませんが、投資信託を運用しています。

今後の活動については、就活をする予定はありません。

私の経験・知識を生かし現在ネットワークビジネスを展開中です。

半日、パソコンで作業している日々が続いています。

社会人的にも恥ずかしくないように、努力していき、成果を上げたいと考えています。

同じようにネットワークビジネスを考えている方、投資信託ってなに?って方は、私の知識の範囲でお答えします。

お互いに情報交換など出来たら光栄です。





私は、投資信託によってコツコツ貯金を貯めています。




初めは、株式投資も考えてたのですが、元手が結構かさむので少ない金額から始められる投資信託を始めることにしました。




まだ始めて3年ほどです。




ですが20万から始めたのですが、現在60万ほどまで増えています。




のんびりやれてお金貯まるので楽しいです。




自分自身投資の知識・実績もついたのでブログを立ち上げました。




今では、毎日ニュースみたり為替相場なども気にしながら見るようになりました。(°∀°)b




一緒にチャートの波に乗りましょう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。