スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第三次オイルショック

 

 2004年 頃から2008年 秋頃にかけて(ピークは2008年)、目立った供給減少を伴わない原油価格 の高騰が続いた。これを第三次石油危機と呼ぶ者もいる[1] 。2008年2月 にはニューヨークの商業取引所の原油先物市場で100米ドル /バレル を突破した。


 ピーク時の価格は、第一次・第二次石油危機のピークに比して、名目で3倍を超え、実質でも上回っていた。ただし、第一次・第二次に比べ、価格の上昇速度は緩やかだった。

高騰の原因は


中国 インド などBRICs と呼ばれる新興国の経済発展による原         

 油需要の増加


○地政学 的リスクを背景にした原油先物市場 における思惑買い


産油国 の生産能力の停滞


○投機的資金の流入



 が挙げられるが、その中で最も大きな理由と指摘されているのは、余剰マネーとしての投機的資金が原油の「現物」や「先物」を買い占めていることである。


世界の金融市場から見ると原油の市場規模は相対的に小さいものだが、そこに住宅サブプライムローン 問題に端を発した米国不景気から投機的資金が原油市場に流れ込めば、「先物」としての原油価格が急騰するのも当然のことである。


 事実、原油先物相場が史上最高値を更新し続けているなど原油価格 高騰を受けて、石油が関係している製品の値上げも相次ぎ、昨今のサブプライムローン問題などにより、さらなる原油価格高騰および値上げ幅の上昇を招いていた。


 その後、サブプライム問題が世界的な景気の後退 を引き起こし、余剰マネー自体が乏しくなるに至り、2008年9月 下旬頃よりわずか2ヶ月で原油価格は半分程度にまで大きく落ち込んだ。

しかしその後しばらくすると原油価格は再びゆるやかに回復し、2008年のピークには及ばないものの高値が続いている。








WIKIさん引用

スポンサーサイト

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
リンク
私が使用しているネット証券です。
オススメ教材
株式の歴史を勉強するならコレ!!
プロフィール

お助けブロガー

Author:お助けブロガー
はじめまして。

古川拓哉と申します。

私は、追手門学院で株式のゼミを専攻しています。

株式ではありませんが、投資信託を運用しています。

今後の活動については、就活をする予定はありません。

私の経験・知識を生かし現在ネットワークビジネスを展開中です。

半日、パソコンで作業している日々が続いています。

社会人的にも恥ずかしくないように、努力していき、成果を上げたいと考えています。

同じようにネットワークビジネスを考えている方、投資信託ってなに?って方は、私の知識の範囲でお答えします。

お互いに情報交換など出来たら光栄です。





私は、投資信託によってコツコツ貯金を貯めています。




初めは、株式投資も考えてたのですが、元手が結構かさむので少ない金額から始められる投資信託を始めることにしました。




まだ始めて3年ほどです。




ですが20万から始めたのですが、現在60万ほどまで増えています。




のんびりやれてお金貯まるので楽しいです。




自分自身投資の知識・実績もついたのでブログを立ち上げました。




今では、毎日ニュースみたり為替相場なども気にしながら見るようになりました。(°∀°)b




一緒にチャートの波に乗りましょう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。